アキラは人生を諦めない!!

富田林の逃亡犯が逮捕されたという話のあれこれ

time 2018/10/04

先日、富田林で刑務所内から逃亡した犯人が逮捕されましたね。

個人的にはプリズンブレイクとは似ても似つかないお粗末な逃亡劇に報道内容を見て「おいおい、日本警察、大丈夫か?」という感じで思っていました。

実際に情報も後出しで、ウサギのタトゥーが入っているとか情報出すのも遅すぎると思ったし…。

それに刑務所に入るってことは男なら坊主頭になると思っていたら、公開された写真では坊主じゃないっていう。でも、捕まった時は坊主頭っていう。

道の駅なんかでは記念撮影にも応じてたりなんかして、結構堂々としてたらばれないんだなぁって思いましたね。

言われれば確かに似てるような気もするけど、似てる人なんか5万といるだろうしなぁという感じなんでしょう。

 

実はこの人が逮捕される前々日くらいに、ちょうどこの話題になりました。

その時に盛り上がった話の内容としては「日本の警察は優秀で、悪いことをしたら絶対に捕まる」なんて言われてるけど、これは日本の義務教育中に植え付けられる洗脳なのではないかという話です。

私はこれまでにお店で万引きなんかもしたことがないし、俗に言う「下手すると警察の厄介になりそうなこと」をしたことはありません。

あ、学生時代に徒歩で赤信号を無視したことは何度か。

意外と万引きを経験したことがある人って多いんだなぁってことに、大人になってから気付きました。

そして、その多くが捕まっていないという事実。

実際はどうなのか知らないけど、闇社会系の漫画なんかを見てても「全国に行方不明者なんてのは多数いて、多くの場合で殺されている可能性が考えられるけど、死体が見つからない限りは大した問題じゃない」なんてことが描かれていたりもします。

そうやって考えたら「日本の警察は優秀だから、悪いことをしたら絶対にバレるよ!」という抑止力でもって、ある程度の犯罪を減らそうとしているんじゃないかって思ったり思わなかったり。

 

そんな話をしていた矢先に逮捕されたものですから、自分の中では「結構いいセンいってるんじゃないか」って思っていただけに、色んな意味でガッカリです。

とりあえずこの人は、人の善意に付け込んで好き勝手やって、色んな人に迷惑をかけてきたらしいので、本来の罪よりも思いっきり重い罪を加えていただきたいと思います。

down

コメントする